3人目がやってきた!

第20回 脱衣所で、つるっと胎盤が出た!(生後0週/産後のひととき)

ぐいっぐいっとおっぱいを吸う

ごくごく
おっぱいを吸わせてみる。ごくごくと飲み始めてヨーコもびっくり

胎盤が出る前に、風呂から上がることにする。右手でチビスケを抱き、左手でトシにしがみついて立ち上がる。転ばないように気をつけながら浴槽から出て、脱衣所に敷いたマットの上に横になった。チビスケはあまり泣かずおとなしい。

横になったまま、チビスケの小さな唇を右のおっぱいに近づけてみる。乳首をくわえさせるとすぐに吸い始めた。ぐいっぐいっと吸っている。ナツのときもアチャのときも、生まれてすぐにおっぱいを飲ませようとしてみたが、そのときは本当に吸い付くことはできなかった。だからチビスケの力強い吸い方にびっくり。男の子だからかな。

へその緒はドクドクしてる

そっくり
赤ちゃん返り?
上/ナツにそっくり!
下/チビスケと一緒にベッドに。ナツ、早くも赤ちゃん返り?

チビスケのへその緒はナツが切ることになった。生まれてしばらくはまだへその緒の中の血液が流れていて、ドクッドクッと拍動している。

ヨーコ「ナツ、へその緒、さわってごらん」
助産婦さんがナツにへその緒をさわらせてくれた。
ヨーコ「ドクドクしている?」
ナツ「うん、してる」
ヨーコ「このドクドクが止まってから切るよ」

ここでは、拍動がおさまるのを待ってからへその緒を切る。ナツが生まれたとき、そうすると聞いて、とてもいいなあと思った。おなかの赤ちゃんに栄養を送り続けてくれたへその緒。へその緒に感謝するって変かもしれないけど、そのへその緒が役目を全うするまで待つことが、へその緒に対する「ありがとう」の気持ちの表れな気がした。

へその緒を切る瞬間が好き

ヨーコ「あ、はさみ持ってきたのに、消毒してもらうの忘れちゃった」
助産婦さん「特別なはさみ?」
ヨーコ「ナツは左利き。右利き用のはさみだとうまく切れないかもしれないと思って、家から左利き用のはさみを持ってきたんです」
助産婦さん「そうか。ナッちゃん左利きなんだ」
ヨーコ「でも、大丈夫だと思うから、ナツ、そのはさみで頑張ってごらん」
ナツ「うん、わかった」

乾杯
トシは自宅にもどったあと、一人で乾杯したそうです

助産婦さんが用意してくれたはさみで、ナツがパチンとへその緒を切った。1度で上手に切れた。

ナツとアチャのへその緒は、トシが「僕は遠慮します」というので私が切った。そのときもなんとなく感じていたことだが、今、ナツがチビスケのへその緒を切るのを見ながら、私はこの瞬間が好きだと改めて思った。なぜだろう。10ヶ月間おなかの中にいた赤ちゃんが別の一人の人間として私から離れる瞬間。チビスケと離れてさびしいとか、チビスケが無事に生まれてうれしいとか、そういう感情とはちょっと別の、でも私にとっては特別の、言ってみれば「儀式」のようなものなのかな。
チビスケ、これからは自分で生きていくんだよ。いっぱい飲んで大きくなれ!

なんとなく胎盤が出そうな感じ

しばらくして、次は胎盤が出てくる番だ。助産婦さんが胎盤に付いているほうのへその緒を少し引っぱった。ちょっと嫌な感じがしたので、そう伝えると
助産婦さん「自分で出せる?」
ヨーコ「やってみます」
助産婦さん「じゃ、おなかを自分ですこーし押してみて」

下腹部をそっと押してみる。なんとなく胎盤が出そうな感じがした。
ヨーコ「出そうな気がする」
助産婦さん「じゃ、赤ちゃん産むような感じで出してごらん」

フーッ、ウーッといきむと、つるっと胎盤が出てきた。「胎盤、見せてください」と言うと、助産婦さんは金属のお盆に入った胎盤を私が見やすいように頭の横に持ってきてくれた。ナツにも見せよう。
ヨーコ「ナツ、ちょっとおいで」
と居間のほうへ行っていたナツを呼んだ。

ナツ、アチャ、ありがとう

入院した洋室で
入院した洋室で。カーテンや小物がふつうのおうちのようで落ち着く

ヨーコ「ナツ、見てごらん。これが胎盤だよ。ここからへその緒を通って、チビスケに栄養がいっていたんだよ」
ナツ「さわってもいい?」
ヨーコ「私もさわってみたい!」

胎盤を指でつついてみた。もっとぷよぷよしているかと思ったら、けっこうしっかりとした硬さがある。助産婦さんが見やすいように胎盤を広げてくれた。卵膜や胎盤が子宮の壁にくっついていた部分もちゃんと分かった。ナツは助産婦さんの説明を興味深く聞いていた。

胎盤が出て、後の処置も終わり、30分くらいそのまま横になって休んだ。チビスケにおっぱいをあげていると、ナツとアチャがやってきた。アチャの頭をなでながら言った。
ヨーコ「アチャ、ママを助けてくれてありがとうね。ナツもありがとう。ママ、とてもうれしかったよ」

アチャは答えなかったけど、うれしそうにニコニコと笑った。そしてチビスケの頭をなでながら何度も何度も「かわいい」と言った。


百面相

前へ 次へ
著者プロフィール
著者
根本陽子(ヨーコ)。1997年、初めての子どもを妊娠し、自分の望む出産を求めて情報を集め始める。これがきっかけとなり、「お産情報をまとめる会」(下記参照) のメンバーとなる。助産師さんに介助してもらい、長女は水中で、次女は陸で、3人目は再び水中で出産。長女の出産を機に勤務していた研究所を退職。その後フリーランスで辞典の執筆、英語講師、日本語教師、中学校の国語の講師など「ことば」に関する仕事をいろいろして、現在に至る。家族は、片付け好きで子どもの保育園の送り迎えも引き受ける夫・トシ、お姉ちゃんらしくそこそこしっかり育つナツ(小学5年)、自由奔放に心のおもむくままに育つアチャ・(小学2年)、そして2005年5月に生まれたシュンとの5人家族。(写真は、アチャが赤ちゃんだった頃のヨーコ)
お産情報をまとめる会
わたしのお産サポートノート
神奈川県と東京都町田市の産院情報「わたしのお産」、第二の母子手帳「わたしのお産サポート・ノート」を編集した、お母さんグループ。「サポート・ノート」は自分のこと、おなかの赤ちゃんのこと、医師・助産師との対話などを書きつづりながら妊娠生活を送るための本。ヨーコはここで、自分自身の記録を大公開しつつ、出産に向かう(実際の書き込み欄は小さくて、だれでも簡単に記録できるものです)。